読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっぺた落ちる日本

ほっぺたが落ちるほど美味しい日本の食にまつわる話

SNOOPY紅茶のネーミングに萌える

 このネーミングにキュンっ その名もSNOOTEA!

SNOOTEA セイロンブレンド

可愛らしいでしょう!? ネーミングだけじゃない。漫画「紅茶王子」のモデルになったティーブレンダー熊崎俊太郎さんがブレンドした、きちんと美味しい紅茶なんです。


紅茶王子 (第1巻) (白泉社文庫 (や-4-9))ハッピーティータイム―しあわせなおいしい紅茶


この「SNOOTEA」、最初は展示品でした。熊崎さんは子供の頃からスヌーピーが大好きだったので、2005年、スヌーピーライフデザイン展のためにこの紅茶を作られたのが始まりだとか。下のキューブ型3つが基本のラインナップですが、優しい円柱型の期間限定ブレンドが出たりなんかして、見つけてから、ずっとファンの一品です。


SNOOTEA セイロンブレンドSNOOTEA マスカットブレンドSNOOTEA キャラメルブレンド


白いセイロン・ブレンド、黄色いマスカット・ブレンド、赤いキャラメル・ブレンド。私は王道セイロンティーが入った白いカンカンが気に入っています。あとね、ほら、これ。たまらない!でしょう?



今はこの「ピーチ&アプリコットブレンド」が欲しい。寒くなってきたので、買ってきて、飲んでほっこりしようっと。

 

 

 

カマンベールチーズの蜂蜜がけ

夜食

風邪の子がなかなか去ってくれずに仕方なく稽古を休んだ本日、食欲は健在で、昼ご飯には卵とわかめとシイタケのうどんを食べ、夕ご飯にはホワイトシチューを食べた。(咳しながらキッチンに立ってたら、「風邪の菌をまき散らすな」と言われてご飯は父が作った)夜10時ごろ、『テルマエ・ロマエ』を読もうかテキスト『フランス文学概説』を読もうか悩んだ末に、ゴホゴホ咳をしながらテキストを読み始め、「文学と食」あたりで小腹が空いてきた。母が(夕飯食べたにも拘わらず)冷蔵庫付近でごそごそし始める時間だ。翌日の朝食用のソーセージとかハムとか食べてしまう。たまに湯呑でお酒も飲む。二人で晩酌することもあるけれど今夜は喉が痛いので、私の湯呑みには蜂蜜生姜湯が入っている。

 

手の込んだ料理をする時間でもないので、前々から食べたかったメニューを作ることにした。カマンベールチーズをオーブントースターで3分ほど焼いて、蜜柑の蜂蜜をかけただけ!の夜食。

f:id:ranranfood:20161105230523j:plain

 これが、めっちゃ美味しい。フライパンでカマンベールチーズをぺたんこに潰して香ばしく焼いても良いらしい。今度試してみようっと。

 

 

ことりっぷ天邪鬼 京都三条で食べるガレット(1928ビル カフェショコラ)

京都 ことりっぷ カフェ

 

「可愛い」が凝縮された「ことりっぷ」京都本。

f:id:ranranfood:20161030120746j:plain

この中に洋館巡りのコーナーがあって(「ことりっぷ 京都」p36-37『ハイカラ気分で三条通さんぽ 明治から昭和初期にかけての洋館めぐり』)、1928ビルという旧毎日新聞社ビルが載っています。イベントや劇なんかもしていて、京都の学生にはなじみの建物。ここに行くには京阪電車が一番近いので、さっそく乗車して、ゴトゴトと三条へ。

 

京阪三条駅を出て鴨川を横目に橋を渡り、(夜になるとカップルが3メートルおきに座ってる鴨川!)西へ西へ。

f:id:ranranfood:20161030140403j:plain

三条通りをひたすらまっすぐ。

f:id:ranranfood:20161030140534j:plain

まーっすぐ行くと、左手に1928ビルがあります。(これを京都では、三条通御幸町東入るといいます)

f:id:ranranfood:20161030130528j:plain

昭和3年、1928年に建てられたレトロな建物。本で紹介されてる「カフェアンデパンダン」も24時まで営業してる地下的クールなお店ですが、セルフサービスだし、

w.cafe-independants.com

白い明るいカフェで食事したいので、1928ビル2階のカフェショコラへ。

cafechocolat.cc

 f:id:ranranfood:20161030141003j:plain

このそば粉のガレットが食べたかった!写真はその名も『ノルマンディー』。

f:id:ranranfood:20161030141126j:plain

リンゴソテー
ハチミツ
カマンベールチーズ
ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)
プティトマト
シュレッドチーズ
が入ってる、しあわせな一品。

f:id:ranranfood:20161030141742j:plain

 ほかにも、ほうれん草のっかってたり、ベーコンのっかってたり。サラダガレットとか京風みそのガレットとかランチになるようなものも。

ここに行くには、電車・バスと徒歩が基本です。

阪急電車 河原町駅9番出口から北へ北へ歩く。(15分くらい)
京阪電車 三条駅6番出口西へ西へ歩く。(10分くらい)
地下鉄東西線 烏丸線 御池駅5番出口から東へ東へ歩く。(15分くらい)
市バス4/205系統 河原町三条下車から西へ西へ歩く。(5分くらい)

 京都駅からだと、地下鉄に乗って御池駅へ。近鉄線で丹波橋まで行って、京阪三条へ行くこともできます。

ブロッコリーの茎はひじきと和えると美味い

ごはん おかず

とあるカフェで、友達とランチしたときに遭遇したひじきとブロッコリーの和え物。これがめちゃくちゃ美味しかった。ごま油で炒めてあって香ばしい!昆布茶で味つけしていて、なんとも優しい。ふりかけてある胡麻も嬉しいし、黒と緑で色も綺麗!

f:id:ranranfood:20161024202717j:plain

ということで、自宅でも作ってみることにしました。が、いざブロッコリーを切ろうとしたら、茎しか残ってない。仕方なく茎をひらたく切って茹でて、ひじきも茹でて、ニンジンの千切りもゆでて、ごま油で炒めて、昆布茶で和えてみると、こんな感じに↓

f:id:ranranfood:20161024204905j:plain

ふりかける胡麻がないのが残念だけど、ブロッコリーの茎が可愛い!し、この茎が意外に美味しい!甘くしたいならみりんを入れたら良いだろうなと。おうちで作れる一品。